物損事故は無事故・無違反になるのか?

道路交通法による交通事故の定義によると、物損事故とは、人の死傷がなく器物の損害のみが発生した事故を物損事故と定めています。ですからたとえば、一瞬の不注意でブレーキを踏むのが遅くなってしまい前の車に衝突してしまった、けれど幸いにして相手にも自分にもけがはなく、自動車だけに損害が発生したと言うケースがこれに該当します。刑事処分や行政処分で事故として記録されるのは、人が死傷した場合の人身事故のみです。


つまり物損事故は、刑事処分や行政処分上においては事故扱いにはならないためと言うわけです。また免許取り消しや停止処分の基本である点数制度においても、その対象は人身事故及び建造物損害事故のみに限られています。ですからやはり、その対象外と言うわけです。無事故・無違反の無事故とは、行政処分において事故を起こしたとされていないこと、そして無違反とは、道路交通法違反による免許点数の減点がないことを意味しています。ですから、物損事故とは無事故・無違反であると言うことができます。ただし、この事故の場合、どれほど発生した対物の損害額が高額であったとしても、自賠責保険を適用することはできません。自賠責保険の補償対象は、対物損害に限られているためです。そのため、任意保険のみの適用によって損害賠償責任を果たす必要が生じます。


最近の投稿