第三者求償について

皆さんは自動車保険に加入されていますか。今や、もしもの時に備えて自動車を運転する方、また自動車を使用して仕事を行っている会社は自動車保険に入ることはほぼ、当然のごとく義務に近いものがあります。さて、自動車保険には様々な項目、ルールがあり素人では理解するのが難しいものもあります。保険が適用される、されない免責のケース、過失割合に応じて支払われる保険金の額など、様々な法的根拠に基づいて設定されています。その項目の中で、第三者求償という言葉、項目があります。こちらにはどういった意味があるか、御存知でしょうか。なかなか聞き慣れない言葉ですが、こちらは事故を起こした被保険者がいた場合、本来は加入している保険会社はその過失に応じて免責事項に抵触しなければ損害賠償金を支払ます。しかしながら保険会社はその支払の金額について、被保険者の過失が本来、相手に与えた損害よりも少なかった場合、その被保険者に対して損害を与えた相手に対して、損害賠償の権利を持つことになります。つまり、被保険者の持つ、相手に対する賠償権を第三者となる保険会社が代わりに持ち、賠償出来るようになることを指します。一般的にこれらの権利の移動を指します。


最近の投稿