過失割合と過失相殺について

狭い道路から、広い道路に進行する場合や、信号機の無い交差点を走行する場合等、自動車を運転していると、様々な道路環境に遭遇する事が予測可能となるでしょう。このような道路状況にあって、各所で交通事故が発生している現状にあるのですが、先のような道路環境にあるので、交通のルールでは、道路環境により、交通事故の過失割合を定めているのです。
予め過失の割合を定める事で、交通事故が発生した場合、その過失について、ルールにより、過失の割合が明確となりますので、必要最小限の範囲で、過失の割合を決定する手段として、有効であると考えられているのです。
例えば、出会い頭で衝突した事故の場合にあっても、過失の割合により、賠償額が決定されることとなりますので、運転する場合の過失に対する割合と、認識は、非常に重要な事項と、受け止めるべきでしよう。
また、交通ルールにあっても、その割合を判断する事が困難である道路環境も存在しますので、その場合には、過失の割合を定めない場合もあるのです。よって、このような場所での交通事故に対しては、過失を双方で相殺することがルール化されており、この場合の事故は過失相殺として、事後処理が行われる事となるのです。


最近の投稿