故障車や事故車を売る方法

故障車や事故車を売るのは難しくありません。
注意する点としては、一般的な中古車を売却する場合よりも、悪徳業者に遭遇してしまうリスクが高いことでしょう。
故障車や事故車を売却するケースは少なく、業者の買取実績も少ないのです。
パーツ専用車両として割り切って買取している業者は高値をつけてくれる場合がありますが、中古車の一種として買取する業者の場合はかなり安値をつけてくるのが普通です。

故障車や事故車を売るときに大切なのは、これらの買取実績が豊富にある業者に査定依頼をすることです。
オンラインの中古車査定サイトを利用すれば、高く買取ってくれる店が見つかります。
トラブルのない中古車と比べて、各社による査定額の差が大きくなるので、なるべく多くの業者で見積もりを取るべきでしょう。


 

売却時に注意したいのは、故障車や事故車であることを申告することです。
業者から何かトラブルがないか聞かれたら、正直に答えるようにしましょう。
WEB査定のあとは出張査定を依頼しますが、目視では内部構造まで調べることはできません。
業者が自社に持ち帰ってから、トラブルの発見に気づくケースもあります。
故障や事故を隠して売却すると、契約が解除になる可能性がありますし、最悪のケースでは損害賠償を請求されます。
事故歴や修復歴なども、正直に話しておくべきでしょう。


最近の投稿