交通事故の治療と労災保険の役割

交通事故で治療を行う際は、健康保険等が使えないと医療機関から言われ、自由診療で医療が行われることが一般的ですが、これは正しくありません。所定の手続きを行えば、これらの保険を使用することができます。自由診療は、健康保険等の2倍からひどい医療機関では3倍の金額で治療を行うため、医療機関にとっては健康保険等を使われると旨みがなくなるのです。被害者にとってみれば、治療費を加害者が支払うものなので関係ないと思われるかもしれませんが、必ずしもそうではありません。被害者側に何らかの不注意があった場合にはその部分が減額されてしまうため、治療費が少ないほうが全体の賠償額が増えることになります。仕事中や通退勤中の事故で治療を行う際、被害者に過失がある場合は労災保険を使用したほうが有利になります。また治療費は全額保険から医療機関へ支給されるため、被害者が立替を行う必要がありません。また加害者側からの賠償金の他に、一定の条件下で賠償金とは別にもらえる特別支給金というものがあるため、被害者に全く過失がない場合でも労災保険を使用したほうが被害者にメリットがあります。手続きは勤務先を通じて書類を提出することになります。


最近の投稿