恐怖!知らないと損をする飲酒事故の罰則とは

飲酒運転による自動車事故に対する罰則は、年々厳しくなっています。たとえば運転免許に対するものとしては、酒酔い運転の場合は5年以下の懲役、または100万円以下の罰金、そして酒気帯び運転が発覚した場合には、その際に呼気から計測されたアルコール量によって3年以下の懲役、または50万円以下の罰金が科せられます。そして更に、アルコール量が低い場合は90日の免許停止、アルコール量が高かった場合には免許取り消しとなります。そしてこうした罰則は、運転者だけではなく車両提供者や同乗者にも適用される場合もあります。


そして飲酒事故によって人を死傷させた場合には、危険運転致死傷罪や過失運転致死傷罪が適用され、懲役や有期刑が科せられます。しかし飲酒事故を起こした加害者に課せられる罰則は、こうした法律的なことだけとは限りません。飲酒をして自動車を運転すると言うことは、社会的には決して許されないことです。ですから社会的な信用を著しく失い、それまでの生活で積み上げてきたものすべてが壊されてしまいます。また自動車保険の適用に関しても、対人、対物に関しては契約を結んでいれば然るべき金額が支払われますが、それ以外に関しては飲酒をしていたため保険は適用されません。そうした損害に対する賠償責任も、重くのしかかってきます。飲酒事故に対する罰則は、確かに知らなければ損をすることばかりです。しかしそれ以上に、損得ではなく、飲酒運転は絶対にしてはならないことであり、飲酒事故による不幸な被害者を出さないと心に誓うことが、ドライバーとしての最低限の責任であり心構えです。


最近の投稿