休憩施設の規模は決まっている?

ドライブ中に高速道路を走っていると、眠気を感じたりトイレに行きたくなることがありますよね。そんな時は高速道路上にあるパーキングエリアやサービスエリアなどに立ち寄ることになります。パーキングエリアもサービスエリアもどちらも休憩施設には違いないのですが、その規模は異なってきます。両者に厳密な規模の基準はないのですが、主に15キロから20キロ間隔に設けられ、トイレのみ、もしくはトイレとコンビニなどの簡単な売店があるだけのものをパーキングエリアと呼びます。広さもそれほど広くなく、本当にちょっと立ち寄るだけのところといった感じの場所です。一方のサービスエリアは50キロから60キロ間隔で設けられているもので、大型トイレやレストラン、売店などが多数出店しています。駐車場も非常に大きく、大型バスやトラック、タンクローリーなども休憩に立ち寄ることができます。最近ではサービスエリアの差別化をはかるためにその地域に出店していない店を誘致したり、サービスエリア限定メニューを出すことも珍しくありません。中には日帰り温泉や遊園地といったレジャースポットも併設されているところもあり、サービスエリア自体がドライブの目的地となっているところもあります。


最近の投稿