休業特別支援金について

皆さんは休業特別支援金という言葉を御存知でしょうか。読んで字のごとく、休業中における特別な支援金のことを指します。どのような状態で支給されるかと言うと、仮にあなたが自動車事故の被害者になったとします。歩行中、またはご自身の車に乗車中、自転車で走行中などで他の人が運転する自動車から事故を受け、通院や入院により現在勤めている会社に通勤出来ない状態、または自営業であればお店を回転出来ない状態になった場合において、一日の収入または給料をもらっている方であればその日当、一日分の給与の日割り計算分を特別に支給されるという制度です。たとえ、入院するほどのケガでなくても本来ならば痛みや不自由を伴うことなく出来た仕事が加害者により事故に遭わされたことで苦痛を伴うこととなり、その代償を金額で表したものです。よって、原則はその被害者が支障なく日常業務を送れる状態になるまでを補償期間とすることが殆どです。多くの自動車保険にこの協業補償についての項目があり、支払金額や免責条項、補償期間などが細かく約款化されています。まずこれらが補償されるために必要となる書類は病院からの診断書です。ケガの状態、全治に掛る日数などを知る必要があります。


最近の投稿