ローンが残っている車は売却できるの?

自動車を売却しようと思っても、ローンが残っている。そんなときには売却ができるのでしょうか。
まずは自動車の所有者を確認しましょう。車検証の所有者の欄が自分の名前になっていれば、ローンの残債があったとしても売却は可能です。しかしそのような場合、ほとんどの場合は所有者名にはローン会社や自動車販売会社の名前が記載されています。これは、車両は渡しているけれどまだ支払いが終わっていないので、万が一の保険として本人の名前にはなっていないのです。この場合には、残債を一括で返済してからじゃないと車の売却は出来ません。その後、所有者の名前を自分のものにしてから売却するという流れになります。


しかし、近頃では中古車買い取り業者などがローンの残債を一括で手続きしてくれるサービスを行っていることがあります。このケースでは、車を査定してもらい、その金額でローンを全額返してしまい、新たな車の購入に上乗せするという方法を取ることも可能です。車の状態などによっては、残債よりも売却額の方が高額になるケースもあると言われていますが、ほとんどの場合には売却額の方が安めになってしまいます。どうしても現在の車を売却したいという場合には、中古車買い取り業者などに問い合わせてみると良いでしょう。


最近の投稿