ミニバンの特性

ミニバンは、セダンなどに比べ車内が広いという大きな特長があります。普通車であれば、運転者を含めて5人程度しか乗れないのが一般的ですが、8人乗りのミニバンもあり、二台必要な時でも大人数が一台に同乗できるというメリットがあります。通常は運転席・助手席と後部座席だけですが、ミニバンの場合は三列シートなども見られます。同乗者が少ない場合には三列シートをたたむことができる車種もあり、その場合には多くの荷物を置くことができます。
車内空間の広さもミニバンならではと言えます。空間の広さは、同時に多くの荷物を積むことができるほか、着替えに使えるなどその他のメリットも多く、利用シーンに限らずいろいろな場面で大きなアドバンテージとなっています。
人気の高さもあってメーカーによる開発も進み、多数の種類が販売されていることから、選択肢も広がっています。特に小さな子どもがいる家庭のセカンドカーとして、高い人気を誇っています。
ミニバンは、車高が高いことから運転のしやすさも評価されています。車高が高いことで、必然的に運転席が高くなり、周囲を見渡しやすく、安全な運転に繋がります。車高の高さは走行の安定性の面で劣ると言われていましたが、年々改善が進んでいます。


最近の投稿