責任はどこにある?飛び出しを避けて起きた事故の場合

自動車を運転している以上はどんなに安全運転を心がけていても事故に巻き込まれる場合があります。対向車のはみ出しや自転車や歩行者の飛び出しを避けての事故などはある意味では避けようの無い事です。こういった場合でも運良く何にも接触しないで避ける事が出来ればヒヤリとしたで済みますが、現実そうはいかない場合も多く住宅の外壁、他の車、下手をすれば関係の無い歩行者を巻き込んでしまうケースも考えられます。


では、そいうったケースでの責任の所在がどこにあるのかというと、飛び出した側にもそれを避けようとして事故を起こした側にもあります。飛び出した側には安全を確認しないで道路に進入したという過失、車を運転していた側にもそれを察知出来なかったという過失が生じるのです。例えば飛び出しを避けて道路脇の構造物を壊してしまうという物損事故を起こしてしまった場合などはその修理費を払わなければなりませんが、この場合は両者に支払いの義務が発生するという事です。その費用の割合は過失割合によって変わってきますが、どちらかがゼロになるというケースはまずありません。歩行者だからといって事故を誘因してしまった場合は相応の過失が生じるのです。


最近の投稿