スペアタイヤ・ジャッキ・ホイールナットレンチを準備しよう!

免許証を持っている人であれば教習所でタイヤ交換の仕方は教わっているはずです。タイヤのナットを緩めてからジャッキアップしてタイヤを外し、タイヤを交換してからジャッキを下げてタイヤナットを締めるだけです。しかしタイヤがパンクした際にはほとんどの人がロードサービスを呼ぶのではないでしょうか。実は普通の人にタイヤ交換のハードルが高い原因は工具にあります。純正で付いている工具は非常用の為で使いやすさを追求されているものではないからです。工具にはスパナが付いていますが、サイズはあってもスパナでホイールナットを外すには相当の力が必要です。サイズの合ったホイールナットレンチを購入しておけば簡単に外せるのです。また備え付けのジャッキでは地面が平らでない場合に不安定で時間がかかります。エアジャッキを積んでおけば女性でも力を使うことなく簡単に上げられます。スペアタイヤも修理工場に行くまでの間に合わせとしてサイズの違うものが付いていますから、そのまま使用できません。本来ならば、ノーマルと同じサイズと質のタイヤをもう一本スペアタイヤとして積んでおくと便利です。その場で履き替えたら後日パンクしたタイヤだけを修理工場に持って行けば良いのです。


最近の投稿