スペアタイヤとタイヤ交換方法

パンクというのは、何時起こるかわからないトラブルの一つとなります。
どれだけ毎日に整備点検をしていても、釘一本踏んでしまえば穴が空いてしまうわけですからいざというときに、タイヤ交換が出来る知識を身に着けておくことが大切です。

まず、パンクをしてしまった時に大事なことはすぐに安全な場所に移動をすることで、道路の真ん中で作業をしてはいけません。
できるだけ、周りが広くて人が出入りしないような平らな場所を見つけ作業をするのがベストです。
そのような場所が見つかったら、ジャッキやレンチなどの工具とスペアタイヤを取り出します。

ジャッキは掛ける位置が決まっているので、しっかりそこに当たるように設置しましょう。
ジャッキアップする前にはサイドブレーキを引いておき、輪止めがあればそれも設置しておくと安心です。
ジャッキアップしてからナットを緩めようとしても緩みづらいので、あらかじめ緩ませておいてからジャッキアップをして後は緩んだナットを取り外しタイヤを取り外します。
取り外したタイヤは車体の下に入れておくと、万が一ジャッキが倒れるような事があった時に保険になります。
後はスペアタイヤを取り付け、ナットを対角線上に締めてジャッキを下ろした後しっかり締まっていることが確認できれば完了です。


最近の投稿