車検が切れている車の扱い方

車検制度は、期間ごとに自動車に対して保安基準に適合しているかしていないかを国が確認する検査のことで、その他には自動車の所有権の登録を行ったりもします。自動車の種類によって有効期限が決まっており、その期限内に整備して検査を受ける必要があります。

もし仮に車検切れの自動車を所有しているだけでは、特に問題が起きません。ただ実際に公道を走行するなどすれば、厳しい罰則があります。

まず道路運送車両法という法律において、無車検車運行に違反することとなり、それによって違反点数が6点で6か月以下の懲役または30万円以下の罰金を受けることとなります。また自賠責保険も切れていることが通常であるので、その自動車損害賠償保障法という法律にも違反して、1年以下の懲役または50万円以下の罰金に処せられます。


 

併せて違反点数も12点となり、免許停止処分を受けることとなります。よって切れている自動車の扱い方の方法としては、トラックで整備業者に取りに来てもらう必要があるか、市役所で公道を走行できる仮ナンバーを取得して、それで自分で整備業者に持っていく必要があります。

整備業者に取りに来て貰うケースでは輸送料を無料にしてくれるケースやかかるケースもあり、まちまちです。仮ナンバーの発行などでは費用や手続きも当然かかりますので、その分がロスすることとなります。

なお車検費用は有効期限内か外かによってはほとんど変らないので、なるべく有効期限内に余裕を持って車検に出すことが肝要となります。


最近の投稿