社用車の運転事故における会社の取るべき責任は?

企業が取引先などに営業に向かう際社用車が用いられますが、もしこの車を運転中に事故を起こしてしまった場合、企業はどのように対応するべきなのでしょうか。まず、社用車の運転中に起こってしまった事故は、原則として企業が加入している自動車保険を使って処理を行っていきます。


これは、社員が業務上において起こした他人への損害を企業側が処理する「使用者責任」という原則があるためで、基本的には事故を起こした張本人、つまり車を運転していた社員に負担が発生することはありません。社用車を運転している時に起こった事故は、原則として企業側が損害を賠償しなければならないのです。ただし、社員の過失の度合い、たとえば社員が信号無視をした、あるいは飲酒運転をしていたなど、明らかに社員側に大きな過失が認められる場合はこの限りではなく、企業だけでなく社員自身にも負担が発生します。また、社員が社用車を無断で「私用運転」、つまり自分のプライベート目的で運転していた場合も、社員側に損害を賠償する義務が生じてしまいます。やむを得ず会社の車を私的な目的で使う時は、あらかじめ許可をもらっておくことはもちろん、1日だけ加入することが出来るタイプの自動車保険に加入することをおすすめします。


最近の投稿