車体のキズや事故歴はきちんと報告する

愛車を売却するとき、少しでも高く買ってもらいたいと思うものです。そのため愛車を良く見せるために、査定の前には洗車や車内の掃除をして、きれいにする人も多いことでしょう。洗車をしたからと言って、買取価格がアップするわけではありませんが、第一印象は良くなります。


 

逆に査定額の減額につながるような点は、見えないようにしたいと思うものです。査定額を大きく減額する可能性があるのが事故歴の有無です。事故を起こし、大きなキズがついた状態のまま売却する場合は隠しようがありませんが、すでに修復済みであった場合は、あえて申告しなくても良いだろうと考える人も少なくないようです。しかし、事故歴はきちんと申告する必要があり、後から発覚するとトラブルの元になります。実際に、事故歴が発覚し、買取価格が後から減額されてしまったというケースも少なくありません。

基本的には、きちんと修復されていれば極端な減額にはなりませんので、後からトラブルになるよりも初めからきちんと報告したほうが、気持ちの良い取り引きができます。ちなみに、査定の前にキズの修理に関しては、査定での予想される減額額よりも、修理代のほうが高くなることが多いので、そのまま査定してもらうというのが良いでしょう。


最近の投稿