点火プラグの交換方法

ガソリンエンジンには点火プラグが取り付けられています。燃料と空気を混ぜた混合気を吸引して燃焼することでエンジンは回転しています。燃焼時にプラグが火をつけているのです。
点火プラグには電極がありこれはエンジンの熱や汚れで徐々に消耗していきます。一般的には2万キロ走行すると交換が必要となります。
プラグの交換は自分でも行うことができます。その方法はプラグレンチという工具があれば可能となります。
まずエンジンに使用されている点火プラグの型番を調べて新しいものを準備しておきます。ボンネットを開けてエンジンを確認すると、シリンダーヘッド部分にプラグが取り付けられています。4気筒であれば4つ必要となります。
プラグカバーを外すとプラグコイルがついていますがこれも取り外します。
筒の中にプラグが見えますが、普通のレンチでは届きませんのでプラグレンチを使用します。エンジンが高温の場合は作業も危険であり固く回しにくくなるため、できればエンジンはある程度冷めてから行う方がいいです。
プラグレンチにて各プラグを取り外して新しいプラグを入れて閉める方向に回します。
ここで気をつけたいの強く締めすぎないことです。通常は推奨トルクや回転角というものがあります。その内容を確認して取り付けます。


最近の投稿