点火プラグの役割

ガソリンエンジンの内部では、吸気、圧縮、爆発、排気を常に繰り返し、これにより動力を得ています。
点火プラグは特に爆発の際に重要となり、シリンダー内の圧縮された燃料に点火する役割を担っています。エンジンをスタートする時だけでは無く、エンジンが動いている時もこのサイクルが連続的に行われているため、点火プラグの不良はエンジンの不調へと繋がります。
点火プラグには電極と接地極があり、物理的に離れているため通常時は絶縁されています。シリンダー内で燃料を圧縮すると同時に、点火プラグには2万ボルトから3万ボルトの高電圧が掛けられ、放電の発生により火花が飛び、燃料粒子が活性化されることで着火、熱が発生し火炎核ができると爆発を起こします。
この時、点火プラグの電極が湿っていると火花が飛ばなくなるため、表面を蒸発させるだけの高温にする必要がありますが、温度が高過ぎるとプラグ自体が熱で溶けてしまう可能性もあり、ちょうど良い温度を維持しなければなりません。
プラグの電極は徐々に摩耗するため、定期的な交換が必要となります。また、表面がカーボンによって黒くなっている場合や、燃えカスによって白くなっている場合には、適切なプラグが使用されていない可能性があるため、交換が必要となります。


最近の投稿