治療費が安くなるケースについて

交通事故で治療を行う際は、自由診療で行うことが一般的です。自由診療の場合は、健康保険扱いの2倍から3倍位の費用がかかります。交通事故でも健康保険や労災保険を使用することができますが、慣例で自由診療で治療されています。治療費を安くするには、健康保険や労災保険を使うしかありません。健康保険組合や労働基準監督署に所定の書類を提出することで健康保険や労災保険を使用することができます。これは、交通事故等の加害者がいるようなケースで怪我をした場合は、本来加害者が医療費を負担しなければなりません。それを健康保険や労災保険が肩代わりすることになるため、その肩代わり分を加害者へ請求することになります。加害者の氏名、連絡先や自動車保険の加入有無や契約内容を記入した書類、被害者が加害者と勝手に示談をされてしまうと加害者への請求がややこしいことになるため、勝手に示談を行わないという念書、加害者から支払いすることを確約する確約書、警察への届出がある場合は交通事故証明書といったものが必要な書類となります。被害者に過失がある事故の場合は、このような形で医療費を安くしなければ、被害者側の賠償金受取額が少なくなってしまいます。


最近の投稿