通勤時の事故に対して会社が責任を取る必要性がある?

仕事のために業務車両を運転して、業務中に事故を起こせば、当然会社として使用者責任や運行供用者責任が問われます。
一方で、マイカーでの通勤時であれば、業務中ではなく、個人の車なので、会社に責任はないと思われがちです。
しかし、賠償責任が生じるケースがありますので、注意が必要です。
マイカー通勤を認めていたり、マイカー通勤を黙認していたり、ガソリン代や駐車場を提供している場合は、その企業の為に車を使用させていると判断されて、通勤時の事故も企業が責任が問われる可能性もあります。


事故を起こした従業員が、自動車保険の継続をしていなかった、運転免許を失効していたなどした場合は、会社が前面に出て責任をかぶらなければならなくなります。
マイカー通勤規定等を設け、運転免許証のコピー提出を義務づけたり、自動車保険加入内容の確認を定期的に行う事が必要です。
また、最近は自転車による事故も増えています。最寄りの駅まで自転車で通勤する人も多いはずです。
自転車だから責任が軽い、賠償額も少ないということはなく、事故が起これば同様に企業責任が問われる可能性があります。
個人賠償保険など自転車のトラブルに対応している保険がありますので、その種の保険に加入しているかの確認も必要です。


最近の投稿