中古車売却の手続きの流れと必要な書類について

中古車の買取を行っている店舗は多くあります。そのほとんどがインターネットか電話での申し込みに対応しています。店舗で査定を行うこともありますし、出張査定を行ってくれることもあります。査定の結果によって買取額が提示されますので、満足できる値段であるかを判断します。満足できる値段だったなら売却を決断するという流れになります。中古車の市場は価格の変動が激しいので、売却のタイミングが大事です。基本的には価格は下落していくので、車が古くならない間に売却を決断することが査定額を上げるコツです。


手続きの際に自分で用意する書類は、自動車検査証・自賠責保険証明書・自動車納税証明書・振込口座・リサイクル券です。店舗で用意してくれる書類は、委任状と譲渡証明書です。委任状は車の名義変更手続きを店舗に任せることを証明するもので、譲渡証明書は車を譲渡することを証明する書類のことです。両方とも実印を押しておく必要があります。普通車と軽自動車では必要な書類に違いがあります。普通車を売却する時だけ必要になるのが印鑑証明書です。また普通車の売却手続きの際には実印が必要ですが、軽自動車の売却の際には認印を含む印鑑となっています。


最近の投稿