ゆっくり楽しめる大滝温泉

「道の駅大滝温泉」は、埼玉県でも西部の奥秩父地方に位置している道の駅で、ちょうど秩父の市街地を出て、オオカミ信仰で有名なパワースポットの三峯神社を横目に、山梨県への入口である雁坂トンネル有料道路へと至る国道140号の中間地点となっています。


国天然記念物の長瀞の石畳で知られる荒川は、この奥秩父が源流にあたり、道の駅のかたわらに走る清流を中心として、左右にブナの原生林が広がる環境で、秋には彩り豊かな紅葉が楽しめる絶景スポットですので、ドライブのついでに立ち寄るだけではもったいないようなところです。ここは名称からもわかるとおり、深さ約1000メートルの地下からナトリウムなどを豊富に含む温泉が湧き出ていますので、日帰りでもゆっくりと湯に浸かることができる「遊湯館」という施設が、道の駅の敷地内に開館しています。浴室は桧風呂と露天の岩風呂の両方がありますので、周囲の自然とともに、それぞれの風情を楽しむことができます。また。名物の手打ちそばなどが評判の食事処、地元で採れたきのこや野菜などを展示即売している特産品販売センター、かつての秩父街道沿いで栄えた歴史を物語る歴史民俗資料館なども併設されています。


最近の投稿