ゆるきゃらも大人気めぬま

埼玉県熊谷市と群馬県太田市の市街地を結ぶ幹線道路である国道407号沿いにあるのが「道の駅めぬま」で、駐車場は広く、ドライブの途中で疲れをいやす人が多く集まるほか、周辺観光に訪れた人のランチタイムの立ち寄りスポットにもなっています。周囲にはまだ田園風景がひろがるのどかな雰囲気のところで、レストランやショップでは、特産の小麦粉をつかったうどんや、地元で愛されてきた麦とろ飯、変わり種のオリジナル野菜ジェラートなどのメニューが人気となっており、特にジェラートはテレビ番組でも取り上げられています。


また、併設のアグリパークは2ヘクタールほどの敷地をもち、およそ400種、2000株のバラが植栽され、季節になると人々の目を楽しませています。道の駅の周辺には、「日本三大聖天」のひとつとであり、華麗な装飾から「埼玉日光」ともよばれ、さきごろ本堂の建物が国宝にも指定された、妻沼聖天という寺院があります。聖天は縁結び、男女和合の神として祀られているもので、これをモチーフにしたゆるキャラの「えんむちゃん」が道の駅にも登場しています。ハート型がだいすきで、手に持っている錫杖を振ってもらうと縁結びのご利益があるそうです。


最近の投稿