事故のケガは自由診療?

日本国民の方なら100%近くの人が、病院・医院にかかる場合は、健康保険を使用します。
この健康保険を利用した診療のことを保険診療と呼びます。保険診療は、その費用の7割を健康保険を通じて国や企業が、残り3割を個人の保険者が支払う仕組みになっています。
しかし、第三者から受けた傷等に対する診療は本来その第3者が負担すべきものである為、保険診療における費用負担者である国や企業、保険者が支払うことはありません。
従って、交通事故等の場合、「健康保険は使えません」と病院に言われることがあります。本当でしょうか?
正確に言えば、最終的に健康保険がその費用を負担することはない、です。実は、こういうケースの場合、健康保険組合はその負担費用を加害者である第3者に請求することになり、最終的に健康保険が費用負担をしない仕組みが存在していますし、病院もそれを知っているのです。では、何故「健康保険は使えない」というのでしょうか?保険診療の場合、診療内容に応じてその診療報酬は細かく定められており、医療機関はその額しか請求できません。しかし、健康保険を利用しない「自由診療」の場合、極端にいえば、病院はいくらでも請求出来る為、健康保険を使用させないようにするのです。
自由診療にした場合、当面の間とはいえ自分が肩代わりして多額の費用を支払わなければなりません。健康保険の利用をしぶる医療機関に泣き寝入りをせず、堂々と健康保険が利用できるはずであることを伝えましょう。


最近の投稿